痒み(かゆみ)とは

痒みとは掻くという反射運動を引き起こす感覚のことを言います。
痒みが発生する箇所は、皮膚や目の結膜、鼻の粘膜に起こります。
発生源は物理的刺激などの外的刺激と、アレルギーが原因で起こる内的刺激とに分かれます。
痒みがあると、睡眠のさまたげになったりイライラしたりと精神的にストレスがたまります。
一時的であればいいですが、恒常的な症状となると、深刻な悩みにもなりますので、きちんとした治療が必要です。

痒みの原因

痒みの原因となるものは人それぞれ違います。
多くの人が冬になると肌が乾燥することで痒みを訴えます。
その他、アトピーや花粉症などのアレルギーによる痒み、服による摩擦の痒み、不衛生にすることによる痒みなど実に様々です。

アトピーの痒み対策

最近はアトピーに悩む子供たちが大変きました。
その背景には何でも無菌で育てようとする社会による免疫力低下も関与しているのではないかと私は思います。
あとはインスタント食品が増えたことによる食生活の変化も関係あるでしょう。

アトピーの痒みを少しでも改善させるできる基本的な対処法は、清潔にすることと十分な肌の保湿です。
そしてしっかり運動をして汗をかき、免疫力をUPさせましょう。
そしてバランスのよい食事をし、室内の温度や湿度にも気を配る必要があります。
こうした環境を整えることで痒みはそれなりに改善されていきます。
薬に頼るだけではなく自らができることから努力していきましょう。

楽天市場でアトピー性皮膚炎対策商品を見る(軟膏、漢方、ボディソープなど)

陰嚢の痒み

陰嚢に痒みが生じる場合、考えられるのはいんきんです。
いんきんとは陰嚢湿疹のことです。
陰嚢の痒みはアトピーや鼻炎、喘息などのアレルギー疾患をもつ人に多いといわれています。
成人男性の場合はムレによる痒みもあります。
アレルギーが原因の湿疹には、ステロイドが入った軟膏を塗ることで痒みを抑え湿疹を治すことができます。
掻きむしると余計に悪化させることになるので、痒みがひどい場合は早めに皮膚科へ行くようにしましょう。

膣の痒み

膣の痒みは女性特有の悩みですよね。
意外にこの症状に悩む人は多いと思います。
女性は生理やおりものなどによるムレから性器がかぶれやすく、かぶれることで痒みを生じます。

かぶれの他にもカンジダという病気もあります。
カンジダは疲労やストレスなど免疫力が低下することで発症することもあります。
予防対策としてはライナーなどを使って常に陰部を清潔に保つようにしましょう。
こまめにライナーを取り替えることで、ムレによる痒みは防止できます。

更新情報
このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて